トップ / 化粧品はビタミンC誘導体

シミにはビタミンCを

化粧品はビタミンC誘導体

肌にはビタミンC誘導体を

ビタミンCは口から摂取するだけでなく、肌に塗っても効果を発揮します。けれども、そのままでは不安定で壊れやすいため、浸透する前に肌のバリア機能にブロックされてしまいます。

そこで人工的に安定させて、肌への浸透力を高めたのが「ビタミンC誘導体」なのです。ビタミンC誘導体は皮膚に浸透すると、酵素の働きでビタミンCに変化して、本来の能力を発揮します。特にビタミンCにはメラニン色素の生成を抑え、できたばかりのシミを薄くする働きがあるので、ビタミンC誘導体は美白化粧品に欠かせません。

ビタミンC誘導体とはあくまでも総称であり、実際にはいくつかの成分があります。さらに性質によって水溶性、脂溶性、新型(または両性)の3種類に分けられます。

水溶性の代表がリン酸型アスコルビルナトリウムやリン酸型アスコルビルマグネシウムです。皮膚に素早く吸収され、即効性が期待できます。水との相性が良いので化粧水によく使われているのです。

脂溶性は持続性に優れており、真皮まで届く浸透力もあります。主にグリームやジェルで使われており、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルが有名です。「ビタミンCエステル」とも言われています。

新型は水溶性の即効性と脂溶性の浸透力があり、その性質から水とも油ともよくなじみます。アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸などがあります。

ビタミンC誘導体目当てで美白化粧品を選ぶなら、これらの成分が上位に表示されているかを確認します。ただし市販品の濃度は高くても2%程度で、クリニックで処方される5%のものよりは低いことを承知しておきましょう。またビタミンCの特性上、使用すると皮脂量が抑えられて乾燥しやすくなります。敏感肌の人は注意が必要です。