トップ / ビタミンC摂取のポイント

シミにはビタミンCを

ビタミンC摂取のポイント

効果的にビタミンCを摂取する

厚生労働省が定めているビタミンCの1日の摂取量は100ミリリットルです。ただしこれは最低限の量であり、シミの改善を目的とするなら全然足りません。なぜなら、ビタミンCは体の至るところで消費されるからです。少量では他の用途が優先されて、シミまで行き渡らないのです。

最近ではサプリメントによって大量のビタミンCを摂取できるようになり、1日の目安量でおおよそ1,000ミリリットル含まれています。食べ物と併用すれば、1,500ミリリットル以上は摂取できそうです。よりビタミンCの効果を発揮するための最低ラインと言えるでしょう。

ただしビタミンCには副作用があり、一度に3,000ミリリットル以上を摂取すると胃を荒らしたり、下痢になります。大量に摂取するほど吸収率が下がり、5,000ミリリットルではわずかに2割です。さらにビタミンCは水溶性なので体に溜まらず、余った分は尿として排出されます。

1,500ミリリットルを摂取する時も、500ミリリットルを3回といった具合に、複数回に分けると、ビタミンCを効率良く活用できるでしょう。さらにビタミンEやカロテン、ポリフェノールなどの同じ抗酸化物質と一緒に摂取すると、より強い作用が期待できます。

食べ物から摂取する時は、調理方法に注意します。水に触れるとビタミンCが流出し、加熱で壊れてしまうからです。できる限り生で食べるのが理想です。ただし、スープにすれば溶け出したビタミンCも合わせて摂取できます。ジャガイモやレンコンのように加熱してもビタミンCが壊れない野菜もあるのです。

せっかく大量のビタミンCを摂取しても、大量に消費するような生活を続けていては、シミにまで行き渡りません。特に注意したいのが喫煙です。アルコールも分解される時にビタミンCを多く消費します。その分だけ多く摂るか控えるように心がけましょう。