トップ / シミにはビタミンCが有効

シミにはビタミンCを

シミにはビタミンCが有効

シミ対策にビタミンCを

シミの予防には、原因となるメラニン色素を作らせないのが一番です。メラニンは最初に「チロシン」という無色のアミノ酸として生成されますが、「チロシナーゼ酵素」の作用によって次第に黒く変色します。美白化粧品の多くは、このチロシナーゼ酵素を抑制する成分を含んでいるのです。

「ビタミンC」もその一つです。さらにビタミンCは、できてしまったシミを薄くする効果があります。大量に作られてターンオーバーでは排出しきれず、皮膚の奥深くに残ってしまった黒いメラニンを、抗酸化作用で本来の色に戻してくれるのです。

シミに限らず、ビタミンCは美肌作りに欠かせません。例えば紫外線による皮膚の炎症を防いでくれたり、コラーゲンの生成を促して肌の弾力を蘇らせたり、副腎皮質ホルモンを合成して、ストレスへの抵抗力をつけてくれます。食べ物などから摂取するだけでなく、皮膚に直接塗っても効果を発揮できる優れものなのです。

シミのためには、毎日継続して取り入れます。人間の体は自らビタミンCを作り出せず、貯められないからです。予防のスキンケアは朝と夜の1日2回行います。朝は合わせてUV対策も必要です。同時に食べ物やサプリメントからも、こまめにビタミンCを摂取します。肌の正常なターンオーバーのサイクルは約28日なので、まずは1ヶ月ほど続けると変化を実感できるでしょう。

ただし、ビタミンCは酸性で刺激のある物質です。さらに肌を乾燥させる性質もあります。肌質によっては炎症を起こして色素が沈着し、却ってシミを悪化させる恐れがあるのです。肌に使用する時は刺激が少なく、保湿成分が一緒に配合されているものを選び、必ずパッチテストで相性を確認しましょう。