トップ

シミにはビタミンCを

シミができる原因とは

シミができる原因について

顔にできてしまったシミは、多くの女性にとって悩みの種です。そのうち消えるだろうとコンシーラーなどで隠していたのに、ふと気づいた時には前より大きくなり、慌ててシミ改善クリニック情報を検索した経験があるのではないでしょうか。

一口に「シミ」と言っても、いくつかの種類があります。「そばかす」のように遺伝性の強い斑点状のものや、「肝斑」のように女性ホルモンが影響して頬骨の辺りにできるものなどです。このうち、多くの女性を悩ませるのは「日光黒子」というメラニン色素の沈着が原因となるシミです。

メラニン色素は紫外線を浴びた時に最も多く作られます。それは紫外線に含まれるUV-Bから皮膚を守り、皮膚がんやDNAの破壊を防ぐためです。他にも生理中に増加する黄体ホルモンや、皮膚をこするなどの刺激もメラニン色素を増やします。

本来であれば、ターンオーバーによって皮膚の細胞は28日周期で生まれ変わり、表皮にあるメラニン色素は垢になって剥がれ落ちます。けれども加齢やストレス、紫外線の影響などでターンオーバーが乱れると、メラニン色素が皮膚にとどまってシミになるのです。

シミを防ぐには紫外線を浴びないように注意するのが一番です。外出する時はもちろん、普段の生活においても日焼け止めを塗るなど、しっかり対策します。皮膚の乾燥もバリア機能を弱めて紫外線のダメージを受けやすくなるため、常に保湿して潤いを逃がさないようにします。正常なターンオーバーを促すためにも、夜はしっかりと睡眠をとりましょう。

できてしまったシミは専用の内服薬で改善したり、レーザーで消すこともできますが、肝斑のようにレーザーを当てると却って悪化するシミもあります。まずは皮膚科のクリニックで相談した方が間違いありません。